インターネットの誹謗中傷・風評被害対策なら是非、弊社にお任せ下さい。

無料お見積りフォーム

お問い合わせはこちら

誹謗中傷・風評被害対策はお済みですか?

個人・企業に関わらず、掲示板やSNSなどにも書き込みが思わぬ誹謗中傷や風評被害に・・・

インターネットの普及により、誰でもウェブサイトを持ったり、SNSサイトを利用したり、掲示板サイトに書き込みを行うことができるようになった昨今、急増しているインターネットトラブルをご存知でしょうか。

それはインターネット上の誹謗中傷による風評被害です。上記のようなサイトの普及により、誰もが多くの場合は匿名で自由な書き込みができるようになりましたが、その影で無用な個人攻撃やいわれのない風評被害を被る事案が、個人・企業を問わず増えているのです。

インターネット上の評判が、真実とは限りませんし、それらが全てではありませんが、それから受けるマイナスイメージはインターネットの拡大に伴い、軽視できないものになっています。 なかには特定の個人・企業をターゲットに、まったく根も葉もない悪評で信用を失墜させられたというようなケースもございます。

万が一、被害に会われた時の準備。または現在、被害にあわれているのであれば、その対策はお済みでしょうか?

被害の現状

個人に対する誹謗中傷であれば、掲示板サイト無料ホームページスペース。 企業に対するものとなると既出のものに加えて求人関連の口コミサイト、商品レビューサイトなどへの書き込みや評価が被害の実例として分かりやすい例ではないでしょうか。

またこういうサイトやウェブページが出来上がると、GoogleやYahoo!といった検索エンジンに登録されてしまいます。
すると検索エンジンの機能により、検索キーワード(この場合は氏名や社名など)を打ち込んだ際にあらかじめ、よく検索されているワードとして候補が表示されたり、関連キーワードとして登録され、目立つ位置に表示されることで他人の目に触れる機会がどうしても多くなってしまうことになります。

小さなことに思われるかもしれませんが、氏名や社名を入れただけで、例えば「前科」「ブラック」などが毎回表示されるのは、想像以上に見る側のイメージを損ねてしまいますし、そこをクリックしてしまえば前述の悪評が書かれたサイトやウェブページが表示されてしまいます。

一連の操作によって得られた表示結果の真偽はともかく、閲覧者の心理には強く刷り込まれてしまいます。
イメージに気を使う大企業は多く、すでに対策を講じている企業も少なくありません。

しかし、このような被害を受けた場合、なかなか個人や専門知識を持たない企業だけで対策する事は容易ではありません。

昨今急増する被害とお客様のニーズに応えるため、
弊社では個人および法人向けのインターネットの誹謗中傷・風評被害対策サービスをご用意いたしました。

対策を行うことのメリット

風評被害対策
インターネット上の風評被害対策を行うことによって、本来あるはずの売り上げの回復、かける必要のないコスト削減、評判の回復による対外交渉の円滑化が期待できます。

1、売り上げの回復、増加

  1. 機会損失の抑制:商品の購入を考えている、または商品に興味をもっているユーザーが関連検索ワードを見て購入を見合わせている場合、その機会損失を防ぐことができます。
  2. 不利益な行動の抑制:予測検索や、関連キーワードの表示結果が消費行動に影響を与えるという例があります。
    ネガティブなキーワードが表示され、それがユーザーに消極的な行動を誘う可能性を排除することに企業の注目も高まっています。例えば「解約」などは、直接「解約」を減らす効果が期待できます。

2、採用コスト、求人コストの節約

  1. 応募者の減少を防ぐ:求人の応募に対し、ネガティブなワードを見つけ応募を控えるといった事態を防ぎます。
  2. 内定辞退の抑制:新卒採用、中途採用の内定辞退の減少につながります。
  3. 離職率の抑制:既存社員の離職率を下げられます。
  4. モチベーションの維持:既存社員のモチベーションダウンを防ぎます。

3、対外交渉におけるイメージの保持

  1. 信用の向上:取引先企業などからの信用アップにつながることで対外交渉がスムーズに進む。
  2. コンプライアンス:監査法人、証券会社などの対応に関して優位に働きます。

このように企業を活性化させることに、風評被害対策は優位に作用致します。

誹謗中傷・風評被害対策の実績

創業オーナー企業社長様の例

  • 名前を検索するとオーナーの名前に加えて「独裁者」、「ヒトラー」、「殺人鬼」等のワードが出現しており、小学校の子供が学校でいじめにあったり、同窓会等で友人揶揄されるなど精神的な被害が大きくなっていった。
  • 対策を行うことによりいじめや精神的な疲労が無くなり事業も好調になった。

営業会社様の例

  • 会社名を検索すると「悪徳」、「詐欺」等のワードが続出していた。
  • 対策を行うことによりいじめや精神的な疲労が無くなり事業も好調になった。

不動産デベロッパー様の例

  • 新規のマンションの売れ行きが異常に悪かった。理由を検索してみたところ関連検索ワードでマンション名の関連ワードに「自殺」、「殺人」が表示されていた。
  • 対策を行うことにより予想よりも3カ月早くマンションが完売した。

メディア会社様の例

  • 新卒採用に力を入れており、昨年度は40人を採用した。例年は辞退率は20%であったが、なぜか内定辞退率が60%を超えていた。原因を調査したところ、インターネットの予測変換、検索ワードに会社を批判する文字が多数見うけられた。
  • 内定辞退率を20%程度までに戻すことに成功した。また自社の内部の社員の離職率も5%程度抑えることに成功した。

インターネットの誹謗中傷・風評被害のことなら株式会社ジーベック

最新のブラウザでご覧ください

古いブラウザをお使いの場合、インターネットの誹謗中傷・風評被害対策のページが正常に表示されない場合がございます。 表示が崩れる場合やページが表示されない場合は、以下のブラウザでの閲覧をお試しください。

セキュリティ機能、動作速度の向上など自動アップデートにいつでも最新版。新しいブラウザで快適なインターネットを。 セキュリティ面だけでなくHTML5+CSS3を使ったリッチコンテンツなど、最新のウェブテクノロジー・コンテンツにも対応しています。